ジュブレイシャンベルタン村より研修中のドメーヌ情報、ワインにまつわる出来事etcを綴っていきます。


by gevreychambertin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

curry à la maison

一昨日は30℃越えで、再び夏が戻ってきた!?と思ったのも一瞬、昨日は雨。で、気温も下がり、20℃全後とやっぱり涼しい8月の終わりです・・・

暑い夏こそカレー!と言うには全く暑くない夏ですが、今夜はカレーを作ってみました♪


a0168968_2392255.jpga0168968_2394751.jpg
まずは・・
白ワイン037.gif
トマトとモッツァレラのサラダ





鶏肉&野菜のカレー
a0168968_22594761.jpg

a0168968_2301847.jpg

デザートには、今が旬、庭で獲ったミラベルでタルトを作りました♪
a0168968_23134593.jpg


なかなか美味しくできました・・・☆☆☆!?
[PR]
# by gevreychambertin | 2010-08-28 22:48 | お家ごはん

les petites vacances d'été

3月からの畑仕事もひと休み・・・して、1週間の夏休み043.gif
リフレッシュに、ふらりとロワール地方・サンセール&プィイフュメ~ブルゴーニュ地方北・シャブリを訪れ・・・気付けばやっぱり畑やワインに囲まれた2日間でしたが037.gifとても楽しい旅でした~



ロワール地方・サンセール村

a0168968_21355658.jpga0168968_122916.jpg

a0168968_21361493.jpga0168968_1454528.jpg

a0168968_20372854.jpg
a0168968_1485179.jpg

プィイフュメ村↓

a0168968_157834.jpga0168968_1572743.jpga0168968_1582565.jpg
シャブリ村↓

a0168968_19403913.jpga0168968_19445533.jpga0168968_19472375.jpga0168968_19572871.jpg
a0168968_1949361.jpga0168968_1950295.jpga0168968_19525482.jpga0168968_19545586.jpga0168968_20152643.jpga0168968_2016739.jpga0168968_2018925.jpg
a0168968_20183382.jpg
[PR]
# by gevreychambertin | 2010-08-21 17:33 | その他

Effeuillage


続いて、現在までに行なった畑仕事の説明を・・

畑の針金を持ち上げる作業(relevage)をブドウの木の成長に合わせて2~3回繰り返した後、ブドウの葉を摘み取っていきます(effeuillage)。

このように覆い茂っているブドウの葉を
a0168968_5104527.jpg
手で取り除いていきます。(取り除いた葉は、そのまま地面へ)
072.gifブドウの木の両側の葉を摘み取るのではなく、太陽の光が直接あたらない側のみ、ブドウの果実の高さから下に付いている葉のみを取り除きます。(摘み取る側は)作業の前に要確認です!
a0168968_5134775.jpg

葉が取り除かれた後のブドウの木からは、果実が垣間見え、風通しは良くなり、太陽の光もほど良く当たるようになります。
a0168968_5162552.jpg

a0168968_5342285.jpg



072.gifその年の気候、ブドウの状況を見て、葉の摘み取り具合は微妙に調整します(少し多めに摘み取る、または軽く摘み取る等)。

この作業によって、ブドウの木の通気性が良くし、病気やカビを防ぎます。
また収穫の際、葉をかきわけたり、取り除いたりする手間が省け、よりスムーズに行うことができます。

知人の畑仕事の達人!?によれば、葉の摘み取り過ぎも禁物だそうです。なぜなら、ブドウ果実に太陽の光が当たりすぎる→ブドウの皮が厚くなる→どの年も同じブドウ果実を作ってしまう、つまり、その年ごとの特徴が生かされたブドウ作りにならず、常に単一した味わいになってしまうんだそう。
何事もやり過ぎは良くないということですね!


永延と同じ手作業の繰り返しではありますが、1つ1つに意味があり、重要で、そのやり方1つによってブドウの質も変わる、つまりワインの味わいにも大いに関わってくるわけです。

ブドウの木をしっかり見ながら、これからも丁寧な仕事を心がけます045.gif
[PR]
# by gevreychambertin | 2010-08-21 05:06 | 畑のお仕事

Veraison

夏の畑仕事に追われ!?気付けばブログを更新しないまま早2ヶ月が経ってしまいました・・・(反省)008.gif


ということで。まずは、すくすくと成長している現在のブドウ畑の様子を・・・


グランクリュ・グリオットシャンベルタン
a0168968_23335393.jpg

a0168968_23324973.jpg

プルミエクリュ・コルボー
a0168968_23365071.jpg

a0168968_23361627.jpg

プルミエクリュ・ラヴォサンジャック
a0168968_23413761.jpg

a0168968_23482268.jpg

プルミエクリュ・コンブ・オー・モワン
a0168968_23464231.jpg

a0168968_2346535.jpg

この畑では、猪が地面を掘った形跡やら
a0168968_23551430.jpg

鹿(ノロシカ)がブドウの葉や茎を食べた跡を発見!
a0168968_23562697.jpg

他のブドウの木に比べそこだけ木の高さが低くなっているので一目瞭然005.gif
a0168968_23571532.jpg


この畑から見下ろす風景、、私の大好きな場所です。
a0168968_0251224.jpg



すっかりブドウも色づき始め、後はブドウの成熟を待つばかり。
今年の収穫は9/20~25の開始予定です。ちなみにルネ&フランソワ・ルクレールの収穫は9/25(土)からとなっています。

7月の3週目頃からすっかり涼しくなり、ブドウの成長がやや心配されましたが、今週から少し暑さも戻り058.gif今のところ目立った病気もなく、ブドウは順調に成熟を続けています。
このままお天気が続き、今年も良い年になりますように・・001.gif
[PR]
# by gevreychambertin | 2010-08-20 16:39 | ブドウ畑

1er relevage

日曜日はフランソワ所有の畑で作業を少しだけ。

前回更新した畑の様子から一転、ブドウの木もすっかり伸びました。005.gif
a0168968_23292731.jpg

ブドウの実も少しずつ大きくなって・・
a0168968_233192.jpg

現在の畑仕事・・・ぐんぐん伸びていくブドウの木の枝を2本の針金の中に入れていく作業です。ブドウの木はつる植物。支えがなければ、枝の高さが高くなっていくにつれ横に広がったり、倒れたりしてしまいます(写真)
a0168968_0451724.jpg

a0168968_047209.jpg

ブドウの枝が折れずにまっすぐ伸びるために、両手で丁寧に枝を2本の針金の中に入れ込んでいきます。(今の時期のブドウの枝はまだ柔らかくとてももろいので、折らないように優しく慎重に。)
a0168968_0543037.jpg

a0168968_1135686.jpg

ブドウの木の伸び具合にあわせて針金を持ち上げ、最後に木杭の横で留め金を留めます。
a0168968_0595893.jpg

作業後は広がっていたブドウの木も、この通りすっかり真っ直ぐキレイに。
a0168968_1143551.jpg

a0168968_1151696.jpg



ブドウの枝の伸び具合に合わせて、この留め金を外して再び針金を高く持ち上げ留め直して・・・と、この作業を2~3回繰り返します。


私の畑仕事姿もすっかり板についた!?037.gif
a0168968_1275870.jpg


現在の畑の様子です。葉も茂って青々としてきました。
a0168968_1322992.jpg


夕方から一雨くるようですが、明日からはお天気になるようで058.gif
早朝からまた畑仕事頑張りま~す。
[PR]
# by gevreychambertin | 2010-06-06 16:18 | 畑のお仕事